TOP

7月14日「教師の学校」開催しました

 午前中は天候が大荒れで在来線が止まっていたので、開催自体を危ぶみもしましたが、参加予定の先生方は皆さんいらっしゃいました。この日は河合塾で開催したのですが、悪天候を考えると広島大学でなくてよかったと思いました。
 今回の講師は広島大学の難波さんでした。この春の筑波大学での「学会」での研究発表を下敷きに講義をしてくれました。「論理・論証」というこの間のテーマを掘り下げたもので、活発な討論がなされました。
 後半は、田中実「文学が教育にできることーー「読むこと」の秘鑰」をもとに、ポスト・ポストモダンの〈読み方〉は以下に切り開かれるのかというテクスト論について、議論しました。次回もこの本をもとに、議論を深める予定です。

Read More